よろず相談



不動産会社 建設会社 金融機関       
この3社はプロ中のプロです!

この3社は、何のために事業を行うのでしょうか?        
会社の利益を上げるためです。つまり、金儲けです。     
一般の企業と同じです。

不動産を買うとき

建売住宅を買うとき。新築マンションを見に行ったとき。チラシを見て不動産会社に行ったとき。

建築をするとき

家のリフォームをするとき。自宅を新築するとき。お店の改装をするとき。

借入・ローンを組むとき

銀行で住宅ローンを申し込むとき。自営業で始めて借入を行うとき。定期預金や金融商品を買うとき。

このとき一般の方はプロを相手にしているのです。
プロが知識・経験のない一般の方を相手に自らの利益を優先して商売する。
一般の方では対等な立場での取引は出来ません。
騙している訳ではありません。これがこの世界のルールでありこれまでの歴史なのです。この業界の人間は、完全にこの世界に染まっています。
この世界の常識は、ほかの業界では非常識なこともあるのです。
不動産業界ではトップセールスを目標に建設業界ではトップ受注額を目標に金融業界では貸出し金額や金融商品の営業トップを目指して活動しています。
その為に経験や知識を用います。けっしてお客様のためにとは考えていません。
もちろん全ての会社がそうではありません。志の高い会社や人もおられます。でも、おそらく普通は判断できません。
ほとんどの方が一生に1度か2度くらいしか付き合うことがない世界だからです。
つまり、最初で最後が初めての経験なのです。
しかし、あつかう金額は人生で1番高額ではありませんか?
やり直しは聞きません。あとで後悔しても遅いんです。


当社はそんなときにお手伝いします!
まずはプロに相談!


フリーダイヤル 0120-508-901
e-mail info@c-cm.jp

当社のお手伝い

取引前にご相談ください。
第3者として客観的に判断し、アドバイスやチェックを行います。
依頼者が損をせずにスムーズなお取引が出来るようにお手伝いします。
けっして特定の業者を優位にするような助言、斡旋は行っておりません。
通常は各分野のプロは一般の顧客に対して、その知識や経験を惜しみなく発揮し顧客に笑顔や満足感を提供します。
しかし、ここで取り上げている業界は残念ながら決してそうではありません。
だから、当社はお手伝いするのです。
一般の方が損をしないように。
後悔しないように。

Square_gry_Down.gif不動産会社に対して

World.png

適正価格か?
瑕疵はないか?
状態は?
売主に問題はないか?
販売不動産会社に問題はないか?

詳細ページへLinkIcon

Square_gry_Down.gif建設会社に対して

HomeA.png

適正価格か?
業者の実績は?
会社の状況は?
過去のクレームは?
工事期間中のチェック。

詳細ページへLinkIcon

Square_gry_Down.gif金融機関に対して

Money.png

住宅ローンを組むにあたっての年収チェック。
無理なローンじゃないか?
金利は適正か?
不利な条件や商品を買わされないか?
担当者は大丈夫か?

詳細ページへLinkIcon