不動産会社に対して



不動産会社に対して

適正価格か?

物件の価格は販売会社が取り決めます。もちろん、仕入原価がありそこに会社の利益が乗ってくるわけです。つまり、販売会社によって販売価格はさまざまです。
当然地域の不動産相場がありますので、極端に差が出るわけではありません。
しかし、不動産ほど政治経済に左右される業界もありません。
近年の不動産価格は何年何十年もかけてあがったり下がったりを繰り返します。景気が低迷すれば下がります。景気が上昇すればあがります。つまり、買い手がついた価格が相場価格なのです。まったく同じ場所でも1年前と今では2倍ほどの開きがある地域もあります。
結果として今販売している価格ではなく、今買うにはいくらが適正価格かを判断する必要があります。
ぜひご相談ください。
当社がお手伝いします。


瑕疵はないか?

新築でも中古でもその物件に瑕疵はないかを判断します。
中古物件は当然経年劣化があります。見た目は内装を新調していてきれいに見えても建物内部は分かりません。
プロの目が必要です。
新築物件だからと言って安心は出来ません。
とくに建売住宅や分譲マンションの場合、販売会社を十分に調査する必要があります。経営が苦しい会社は工事内容が悪くなります。
支払い条件が悪いため、健全経営の工務店では仕事を請けなかったり経営の苦しい工務店が資金を確保するために赤字で請けている場合もあるからです。
当然良い部材良い職人を使えるわけもなく、ひどいところは手抜き工事もやります。
こんな物件を買うとクレームのオンパレードです。
そしてそのとき販売していた会社はなくなっている場合があります。
しかし、なかなかどこがどう悪いのかさえ普通は分かりません。
ぜひご相談ください。
当社がお手伝いします。


売主、販売会社に問題はないか?

不動産会社は歴史の浅い会社が多いです。
近年の不動産業界を見ますと資本金の額とか年商は全く関係ありません。
上場企業だから安心。なんてこともなくなったきました。
これは国の政策にも問題があるのですが銀行の紐を握っているのは金融庁であり国です。どんどん貸し出せと音頭をとる時もあれば急に貸付残高を減らせと言う。銀行はそのつど右に左に翻弄されます。
そしてそのあおりをもろに食らうのが不動産会社です。
これまで銀行が貸し出してくれる潤沢な資金を使い我先にとばかりに全国の不動産を買い占めていた会社が銀行が止まったとたんに資金ショートを起こします。
俗にマンションデベロッパーはサメとかマグロとか回遊魚に称されます。
つまり、止まったら死ぬと言う意味です。
だから銀行の融資がストップすれば会社は破綻することもあるということです。
じゃあ、どこを見ればいいのか?
自己資本ですが、極一部の不動産会社は粉飾決算している場合もあるので絶対ではありませんが見ないよりましです。
こんなとき皆さんなかなか調べようがありません。
ぜひご相談ください。
当社がお手伝いします。



などなど営業マンや販売会社の意見を鵜呑みにせずに客観的に判断する専門家が必要です。
当社が判断して依頼者へ報告、アドバイスします。

相談するなら

フリーダイヤル 0120-508-901
e-mail info@c-cm.jp

当社のお手伝い

取引前にご相談ください。
第3者として客観的に判断し、アドバイスやチェックを行います。
依頼者が損をせずにスムーズなお取引が出来るようにお手伝いします。
けっして特定の業者を優位にするような助言、斡旋は行っておりません。
通常は各分野のプロは一般の顧客に対して、その知識や経験を惜しみなく発揮し顧客に笑顔や満足感を提供します。
しかし、ここで取り上げている業界は残念ながら決してそうではありません。
だから、当社はお手伝いするのです。
一般の方が損をしないように。
後悔しないように。

不動産会社に対して

World.png

適正価格か?
瑕疵はないか?
状態は?
売主に問題はないか?
販売不動産会社に問題はないか?

詳細ページへLinkIcon

建設会社に対して

HomeA.png

適正価格か?
業者の実績は?
会社の状況は?
過去のクレームは?
工事期間中のチェック。

詳細ページへLinkIcon

金融機関に対して

Money.png

住宅ローンを組むにあたっての年収チェック。
無理なローンじゃないか?
金利は適正か?
不利な条件や商品を買わされないか?
担当者は大丈夫か?

詳細ページへLinkIcon